れびとらのジェネリックの種類

レビトラはED治療薬でドイツの会社で作られています。
見ためはオレンジ色をしていますが、割ってみると中は白です。
レビトラは保険適用外ですから自費診療となってしまいます。
レビトラには有効成分としてバルデナフィルが含まれています。
水にやや溶けやすい特徴があり、性交渉の30分から1時間前に服用するのがベストです。
このようにレビトラには他のED治療薬にない即効性があります。EDでお悩みの方はレビトラで性生活の心配がなくなることでしょう。
このレビトラと同じ効果がありながらよりリーズナブルな価格で購入できるのがれびとらジェネリックなのです。
れびとらジェネリックの種類はいくつかあります。
例えばシプラ、ベルデナフィル、バリフ、SAVITRA、ジェビトラ、ジェネリックレビトラ、ビットリアなどたくさんあります。
純正のレビトラが1錠あたりで1500円ほどするのに対し、これらのジェネリックですと安いところでは1錠200円で販売されていることもあります。
また純正は錠剤なのですが、ジェネリックの場合はいろんな形状をしていることがあります。
れびとらジェネリックの1つであるビットリアはシート状になっていて舌の上で溶かして服用するというものになっています。
これは便利で、水がない場所でも服用することができるのです。
ただしレビトラの国際特許はまだ有効なのでジェネリック医薬品を製造して販売することは許されていません。
インドでは許可されているため、今存在しているれびとら ジェネリックのほとんどがインド製だといわれています。
そのため、ジェネリックを購入したい場合は個人輸入をするしかありません。
個人輸入は代行業者を利用するのが一番良いですが、偽物も出回っていますので購入する時には自己責任でするということを理解しておきましょう。
個人輸入をする場合、まずは信頼できる業者を見つけることが先決です。

Proudly powered by WordPress and Sweet Tech Theme